今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > ダイエット >

続ければ脚が変わる。むくみ知らずの美脚をつくるストレッチSTEP4

時刻(time):2018-01-11 05:10源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
こんにちは、コラムニストの愛子です。「朝はけっこう綺麗な脚なのに・・・。むくみさえしなければな~」と思ったことはありませんか?浮腫んでいるときとそうでないときを比べると、全然脚の印象が違いますよね。そこで今回は、下半身を柔軟にし、血行を促進して、むくみにくい脚へ導くストレッチをご紹介します。 STEP1:足首回し (1)長座する。 (2)右膝を曲

こんにちは、コラムニストの愛子です。「朝はけっこう綺麗な脚なのに・・・。むくみさえしなければな~」と思ったことはありませんか?浮腫んでいるときとそうでないときを比べると、全然脚の印象が違いますよね。そこで今回は、下半身を柔軟にし、血行を促進して、むくみにくい脚へ導くストレッチをご紹介します。

就寝前のお約束!浮腫み知らずの美脚をつくるストレッチ方法

STEP1:足首回し

(1)長座する。
(2)右膝を曲げ、左手の指を右足の指に差し込む。

(3)右の足首を、大きく円を描くように、内回り、外回り、それぞれ10回ずつ回す。

STEP 2:片足前屈

(1)右足の甲を、左足の付け根におく。

(2)息を吸ってお腹を引き締める。
(3)息を吐きながら前屈する。5呼吸を目安にキープ。 

※ここまで行ったら、足を入れ替えてSTEP1とSTEP2を行いましょう。

STEP 3:両足前屈

(1)長座する。
(2)息を吸って両腕を持ち上げ伸びをするように、お腹を引き締め背筋を伸ばす。
(3)息を吐きながら、前屈する。5呼吸を目安にキープ。 

指先が遠くに届かなくてもいいので、お腹と太ももを近づけるようにしましょう。

STEP4:太ももの前側伸ばし

(1)正座する。
(2)両足を左右それぞれ外側に崩し、お尻を床につけて割り座になる。
(3)両手を体の後ろについて、ゆっくり両手を歩かせるようにして体を倒していく。
(4)両手を楽なところにおいて、5呼吸を目安にキープ。 

筋肉は拮抗しているため、脚の裏側を伸ばしているとき表側は収縮しています。だから前屈のあとに太ももの前側も伸ばしてあげることで、バランス良く体がほぐれるのです。

おわりに

癖付くまでは少し面倒くさく感じるかもしれませんが、習慣になってしまえば歯磨きするように当たり前の感覚で行えるはず。ストレッチが習慣づいた頃には、きっと今よりむくみにくくなっていると思います。ぜひ続けてみてくださいね!

この記事は美LAB.公式アンバサダーにより執筆いただいた記事であり、すべての記事に対し編集部で厳重なる検査を行っております。
記事の著作権は株式会社メディカルネットに帰属します。

コラムニスト、モデル 愛子
[監修] コラムニスト、モデル 愛子


【Not Sponsored 記事】
(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)