今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > ダイエット >

下腹をへこませるだけで美脚になれるって知ってる!?

時刻(time):2018-07-11 12:59源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
こんにちは、美宅玲子です。O脚などのゆがみがなく、まっすぐにそろった脚はきれいです。一方、私達は歳と共に立ち方や歩き方に独特のクセが出てきて、ゆがみや疲れ、人によっては足腰の痛みが出る場合もあります。今回は、ゆるみがちな筋肉を意識して、美脚をつくるポイントをお伝え致します。 下腹と内ももは、筋肉がつながっている 両足は 骨盤から股関節を通

こんにちは、美宅玲子です。O脚などのゆがみがなく、まっすぐにそろった脚はきれいです。一方、私達は歳と共に立ち方や歩き方に独特のクセが出てきて、ゆがみや疲れ、人によっては足腰の痛みが出る場合もあります。今回は、ゆるみがちな筋肉を意識して、美脚をつくるポイントをお伝え致します。

下腹を凹ませると美脚になる!美脚スイッチを入れよう

下腹と内ももは、筋肉がつながっている

両足は骨盤から股関節を通して伸びています。ですから、骨盤周りの筋肉を引き締めると、脚は閉じて中心に引き寄せられます。骨盤(の容積)を締める筋肉である下腹を引っ込めると、同時に骨盤底の筋肉が引き締まり、それに連動して内ももの筋肉にもスイッチが入ります。

それで脚が閉じられて、まっすぐにそろった脚ができます。

足

骨盤を立てて下腹を凹ませよう

下腹を凹ませるときれいに脚を閉じられるのは、どんな姿勢でもいいかというと、そうではありません。

腰を反らせた「反り腰」姿勢の場合は、腰に力が集中する分お腹の力が入りにくく、脚を閉じても内ももよりももの前が張ってしまいます。骨盤(お尻の中央の平たい骨、仙骨)をまっすぐ垂直に立てて下腹を凹ませるようにしましょう。

座っている時でも、立っている時でも、骨盤を垂直に立てることで、背骨も自然と上に伸び、腹に力が入ることで精神も落ち着きます。おへそより下の下腹を凹ませることもポイントです。

腰周りがジャストサイズのパンツを履いていて、そのパンツがゆるくなるようにするイメージです。体の中が空っぽになるまで息を長く吐ききった時にも、下腹が凹みます。

エクササイズ

おわりに

いかがでしたか?
下腹の凹ませ方に慣れる頃には、脚を閉じるのも自然になってきて「最近姿勢いいね、シャキッとしているね。」と言われるようになるでしょう。

気長に楽しく続けてみて下さいね。

この記事は美LAB.公式アンバサダーにより執筆いただいた記事であり、すべての記事に対し編集部で厳重なる検査を行っております。
記事の著作権は株式会社メディカルネットに帰属します。

ヨガ・ピラティス・美姿勢インストラクター 美宅 玲子
[監修] ヨガ・ピラティス・美姿勢インストラクター 美宅 玲子


【Not Sponsored 記事】
(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)