今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > ライフスタイル >

きっと大丈夫。どうしようもなく不安な気持ちを穏やかにする方法 -

時刻(time):2018-09-18 14:17源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
冷静なときに見れば、自分がどんなことで不安になりやすいのかがわかります。また言語化できないときは、もやもやしていても理由はなく、自分の中で不安を大きくしているだけということにも気づけます。 “不安”になる理由を突き詰める 書き出してみた不安について、どうして不安なんだろうと、とことん突き詰めてみましょう。例えば将来への漠然とした不安。今

冷静なときに見れば、自分がどんなことで不安になりやすいのかがわかります。また言語化できないときは、もやもやしていても理由はなく、自分の中で不安を大きくしているだけということにも気づけます。

“不安”になる理由を突き詰める

書き出してみた不安について、どうして不安なんだろうと、とことん突き詰めてみましょう。例えば将来への漠然とした不安。今の仕事を続けていけるのか、結婚をしたいけどできるのか、人それぞれ理由があるでしょう。

さらに、その理由を深掘りします。仕事を続けていけるか不安なのは、結婚や出産を見据えてなのか、会社の将来性なのか、自分のスキル不足なのか、これもいろんな理由があるでしょう。他の不安に関しても人それぞれ違う理由があります。

“不安”と“自分”をとことん突き詰めていくと、不安になる根本の理由が見えてきます。これも頭の中で考えるだけでなく、書き出すことで自分自身の心の内を把握しやすくなるでしょう。

不安を解消するには

“不安”の根源は想像力だと気づく

不安に陥るには理由があります。例えば、将来への漠然とした不安というのも、先述したように結婚や仕事の悩みが理由だったりします。しかし、不安になる状況があったとしても、実際不安を抱くかどうかは人によって違うはずです。

同じ状況でも「きっと大丈夫」と不安に思わない人もいます。不安に思うのは、マイナスな想像が膨らんでしまうから。つまり、不安の根源の多くは想像力なのです。想像だからこそ、不安を忘れてしまうこともあるのです。

“不安”を“リスク”と考え、対処法を導く

不安な想像をしてしまうのを良くないことだとは思わないでください。むしろ、不安が膨らむというのは、それだけリスクを想定できるという長所です。

リスクの対処法を導けば、リスクマネジメントが上手な人になれます。先ほど不安を書き出し、理由を突き詰める作業を紹介しましたよね。そこで不安になる根本の理由を導けたはずです。

その根本の理由を解消するにはどうしたら良いのかを考えましょう。例えば将来への漠然とした不安は、主に仕事が理由で、スキル不足で続けていけるのかというのが根本の理由だとします。それならスキルを身につけたり、別の仕事に転職するという対処法が見えてくるはずです。

とりあえずやってみる

不安をリスクと考えて、対処法が見つかったところで、行動することに不安を抱く人もいるでしょう。不安を解消する最後のステップとして、行動した結果を次につなげることが重要です。

なので、行動する道筋が見つかったら、考えるより前に体を動かして「とりあえずやってみる」こと。失敗したら周りに謝罪して、成功の糧にすれば良いだけです。成功はあなたの自信になり、これから不安を抱くことも減っていくでしょう。

それでも不安がなくならないときは…

病院で専門的な診断を受ける

不安になるのは状況や自分に理由があるのではなく、心が疲れ切ってうつ病や不安障害など精神的な病気になっている可能性もあります。精神科や心療内科に行き、専門的な診断をしてもらい、心の平穏を取り戻しましょう。

心が晴れやかになれますように

不安は誰もが抱く感情です。不安を感じるのは決して悪いことではありませんが、それで追い詰められてしまうのはつらいこと。この記事で、少しでも不安を解消することにつながれば幸いです。

(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)